MENU

旦那(夫)の浮気調査で探偵社に連絡する前に知っておくべき事!!

「最近、旦那(夫)の帰りが妙に遅い」

 

「旦那(夫)が携帯電話を2台使い始めた」

 

「急に出張が多くなった」

 

それ、浮気かもしれません。

 

貴女は、もし旦那(夫)さんが浮気をしていると感づいた時、どうしますか?
まず最初に考える事は、「本当に浮気してるのだろうか?」」そして「事実かどうか調べたい」ではないでしょうか?

 

しかし、いざ旦那(夫)の浮気を自分で調べようと思っても、貴女が旦那(夫)を四六時中見張る訳にも行かず、最終的には浮気調査のプロである探偵会社に依頼する事になるかと思います。

 

浮気調査を行う探偵会社を選ぶ際には、適正な会社を選んで依頼する事が最重要項目となります。
良い探偵会社を選ぶか、それとも悪い探偵会社を選ぶかで現場を押さえる事が出来る確率も変わってくるのです。

 

折角、高い料金を支払って浮気調査を依頼するのですから、もちろん旦那(夫)の浮気の動かぬ証拠をつかみたい。そう願うのであれば、浮気調査に失敗しない探偵業者の選び方を熟知しておく事が重要です。

 

旦那(夫)の浮気、そして最悪のシナリオである離婚までの一連の流れは、貴女の人生を変えてしまう大きな出来事の一つです。
これからあなたが「浮気調査」を実施する前にこのサイトをお読みになれば、失敗はさけられ、業者とあなたとの間に対等な契約がなされるはずです。

 

何と言っても実績が1番

探偵業は公的な資格や免許はいりません。さらに低資金で開業できることから、極端な話明日からでも「探偵やります」と言って仕事が取れるのです。ですから、何でも屋など探偵業とは全く関係のない他業種たちが入り乱れる。トラブルが起こらないはずがありません。

 

実績は裏切りません。実績は、多くの人が信用してきた証です。その実績は大事な判断基準です。最低でも10年、できれば20年以上の経験があるところ、そして、件数は数千件以上の実績は必要です。20年というのは、何度か厳しい景気の波を経験してきた体力を持っている。そして長く続いたのは信頼の証。数千件数というのは、色々な失敗を繰り返しながらも、お客さんの信頼を獲得してきた証拠です。

 

「探偵業届出証明書」を取得しているかを確認

 

日本においては、2007年6月以前には探偵業を行う会社に探偵や興信業を行う為の規定は設けられていませんでしたが、2007年6月に探偵業法と呼ばれる法律が新たに制定された事により、探偵業を営む業者は、事務所を置く自治体の公安委員会に「探偵業届出証明書」の届出をしなくてはいけなくなりました。
この為、現在日本で正式に探偵業を行う会社であれば、通常は「探偵業届出証明書」を所持している事となります。
悪質なモグりまがいの探偵会社も多いこの業界では、「探偵業届出証明書」を所持している事が探偵業の最低限の運営条件と言われており、浮気調査で探偵会社を選ぶ際には、まず最初に「探偵業届出証明書」を所持しているかどうかを確認しておきましょう。

 

過去に行政処分を受けているかどうかを確認

 

浮気調査を探偵会社に依頼する際には、その探偵会社が以前に国による行政処分を受けているかどうかを確認する事も重要です。
探偵業法に違反した探偵行為を行った探偵会社には、所轄の自治体の警察署や公安委員会によって「指示」や「営業停止」、そして探偵業の営業廃止を命ずる「営業廃止」などの行政処分が下される事となります。(但し、公表の期間は、当該処分が行われた日から3年間)

 

探偵会社の中には違法な調査手段を用いて浮気調査を行い、なおかつぼったくりの不当に高額な調査価格を請求するなど悪質な業者も多いので、浮気調査を探偵会社に依頼する場合にはその探偵会社が国による行政処分を受けているかどうかを確認する必要があります。

 

「誇大広告」「大げさ発言」業者も避けましょう。

 

探偵会社の中には、やたらと「絶対浮気の証拠を掴みます」「100パーセント浮気調査を成功させます」などと言い、依頼者に対して必要以上にアピールを行う業者も少なくありません。
このような「口だけは勢いがある」会社は往々にして調査能力の低さを、口先の話術だけでごまかしている風潮がありますので、注意が必要です。
必要以上に「絶対」「大丈夫」「すべてお任せください」を連呼する探偵会社は避けたほうが無難です。

 

適正な調査価格を提示しているか?

 

一般に、日本における現在の探偵業務の調査報酬は、おおよそ一人あたりの(1時間)調査価格として6000円から9000円」、1人の調査員が調査を行った場合の報酬価格が平均価格として設定されています。
不当に安い調査価格や、高すぎる調査価格を提示してきたり、やたらと追加の調査料金を請求するような探偵会社は選ばないようにしましょう。

 

そう言った会社は、浮気調査を依頼した後に、ろくに依頼人に連絡をよこさず、一方的に「調査開始しました」「調査が滞っています」「調査が終了しました」等、勝手に浮気調査をどんどん進めていってしまう悪質な探偵会社も存在しています。
このような、いい加減な探偵会社に浮気調査を依頼しても、旦那(夫)の浮気の決定的な証拠を掴む事が出来る確率はほぼゼロに近いでしょう。